妊娠中腰痛、産後骨盤矯正、産後不調は姫路・たつの周辺ゆいまーる整体へ|妊娠中の方

妊娠中、産後の痛み

クーポン

家でできる腰痛体操

家でできる腰痛体操

妊娠初期

赤ちゃんを産む体になる為の準備で起こる腰痛

妊娠初期には、まだお腹が大きくなっていないにもかかわらず腰が痛くなる場合があります。
これは妊娠中に「リラキシン」というホルモンが分泌されるためです。
出産の際、骨盤の関節を構成している結合組織や靭帯を緩め、スムーズに骨盤の中を赤ちゃんを通す為に分泌されるホルモンです。
骨盤が緩むと、その上の部分を支えることが困難になる場合があり、その場合に腰や背中、首、頭を支えるのが困難になり立っていることや歩くことも出来なくなります。
その為、骨盤周りの神経受容器はゆるんだ関節を支えようと筋肉を緊張させます。
これが腰痛の原因になります。
骨盤は寛骨と、仙骨という骨で構成されています。
その連結部分で痛みが発生します。

妊娠後期

お腹の重みからくる腰の痛み
妊娠中、産後の痛み妊娠後期 妊娠後期になるとお腹が大きくなり体の重心が前に移動します。
腰だけでなく、おしりの奥の方や足の付け根、恥骨あたりが痛いという声もよく聞きます。

骨盤はいくつかの骨が組み合わさって形作られています。
関節とは骨と骨のつなぎ目ですから、痛くなるのはその部分です。
お腹の重みで連結している腰の椎骨のカーブはバランスを取ろうとして更に強くなります。
その結果、腰の筋肉や結合組織、靭帯などに負担がかかり腰痛を引き起こします。

産後

産後の腰痛 産後の腰痛には、出産時の仙腸関節や恥骨へのストレスとリラキシンの問題などがあります。
出産時に恥骨が離解する場合もあります。
これは超音波で判るそうです。
骨盤を開くようにして赤ちゃんは生まれてくるので仙腸関節や恥骨結合に大きな負荷がかかり腰痛が起こる場合もあります。

リラキシンは月経前と産後しばらくは分泌されます。
先に述べたようにリラキシンには靭帯を緩める働きがあり骨盤や骨の連結が不安定になり腰痛の原因に。
リラキシンは産後半年くらい経過すると徐々に分泌量は減少しますので骨盤は安定してきます。

また、赤ちゃんを抱く時の姿勢の問題も考えられます。
海外では妊娠中の肩こりや腰痛のママさんは率先してアクティベータ療法を受けています。

というのも、アクティベータ療法は低刺激で妊娠中も安全であるということが、海外のカイロプラクティック医学会で報告されており、特に、子供さん、妊婦さん、高齢者向きな施術方法としてアクティベータ療法は紹介されているからです。

そういうわけで、アクティベータ療法は妊娠中も安心して施術を受けて頂いています。
クーポン
TOPへ戻る
ゆいまーる整体Web予約 ゆいまーる整体TEL0792405745